2011年12月31日

【番外編】2011年を振り返って

 ※書きかけで中断したままになっていて、公開するのが2012年7月26日までずれこんでしまいました。

 昨年、宿願だった漕破河川総数100本をクリアし、今年はさらに飛躍するつもりだったんですが…、むしろ墜落してしまったような。
 ラナとの「わんことカヌー」ライフが始まった2003年以来、歴代最低の結果となってしまいました。

 ◆目標

 昨年年末の時点で私の漕破総数101本、ラナ93本。今年2011年は、ラナの100本達成をやりとげるのを第一目標として設定しました。

 ・漕行日数:設定なし
 ・初めて下る川の本数:7本(漕破総数:108本(ラナ100本))。
 ・ビッグウォーターへの適応力向上(飛騨宮川以降追加)

 ◆結果(達成率)

 ・漕行日数:32日(- %)(参考:2010年;46日 2009年;64日)
  ※月間平均2.7日 月間最多5日(6,9月)前年比69.6%
 ・初めて下る川の本数:5本(漕破総数:106本(ラナ96本))(71.4%/42.9%)。

 102(94) 引原川(兵庫県 揖保川水系)※記事未完
 103(94) 宮 川(岐阜県 神通川水系)
 104(94) 双六川(岐阜県 神通川水系)※記事未完
 105(95) 蒲田川(岐阜県 神通川水系)※記事未完
 106(96) 高見川(奈良県 紀ノ川水系)
  ※( )内はラナの漕破本数

 初めて下る川の本数は5本(ラナ2本)に終わりました。ラナの漕破総数は100本に届かず、目標に対して大幅に未達成。なお、5本という結果は、03年以降過去3番目に低い数値となります。また、漕行日数32日は、03年以降ぶっちぎりで過去最低の値となりました。

 ◆総括

 一言でいえばきわめて「不本意」な1年でした。こうなったのにはいろいろな理由が考えられます。

 ・家庭環境の変化
 3月から単身赴任が再開。平日は関東、週末は関西という変則生活がスタートしました。家族と共にいられる時間は週末だけとなり、必然的に川下りする時間を削減しなくてはならなくなりました。

 ・仕事環境の変化
 夏季に入ってから一気に多忙になり(※現在進行形)、10月に入ってから年末までの約3ヶ月間、なんと一度も漕げずじまいという結果に。
 ※年末年始を除き、この状況は翌年2月までの約5ヶ月間続きました。蛇足ですが体重10kgくらい減りました…。

 ・優先度の低下(志向の変化)
 4月に飛騨宮川を初体験し、ビッグウォーターを漕ぐスキルを向上させたいと切に思うようになりました。それに伴い、利根川(みなかみ)や、とくに吉野川(大歩危小歩危)に重点的に通いました(合計11日、全体比34.4%)。ビッグウォーターをたくさん漕げた点には非常に満足していますが、その分新たな川を探したり、下ったりする行為に注力できなかったかな、というのはあります。


 こう見ると、凋落の主な原因は環境面の大きな変化だったことが分かります。過去最低の実績でしたが、カヌーがおもんなくなったとか飽きたとか気持ちの変化が原因では決してなく、むしろ危機感が高まることでモチベーションは向上しています。
 来年は単身赴任生活にも慣れ、仕事も一段落する(はず)ので、今年のマイナス分を取り返したいという「反動」の気持ちをうまく昇華させられたらと思います。


ニックネーム ラナ父 at 23:05| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント