2011年09月25日

29 ショート(吉野川5)

水位:1.48m→1.47m(豊永)
水量:57.10t(早明浦ダム放流量),271.02t(池田ダム流入量)
気温:21℃(本山) 天気:晴れ 区間:豊永〜岩原(x.xkm)
メンバー:KYOKOさん [回送]後輩1号、川太郎&川次郎


 朝8時近くまでぐっすり眠れました。ここでは早朝6時にけたたましくサイレンが鳴り響くんですが、子どもたちは早くも適応してしまったのか、起きてくることはありませんでした。
 朝食はパン。川太郎はキャラメルクリームがいたく気に入ったようで、3つもほおばってました。なんや先月に続きまたも至れり尽くせりで申し訳なかったですが、とっても快適な時間を過ごせました。KYOKOさん、ありがとうございました。

 川太郎の体調次第ではこのまま帰宅するつもりだったんですが、彼、セキもハナも止まってすこぶる元気なので、さくっと大歩危ショート(豊永〜岩原)のみ下ることにしました。
 豊永へ向かう道中、大田口の薬師橋から川を眺めると、あれっ? 違和感を感じました。水位計を確かめると、昨日より70cmほど一気に低下してます。調べると、早明浦ダム放流量が昨晩から通常の60トン弱に戻っていました。前日比約180トンも減ってることになります。
 ちゅーことは、今日はラナ連れて行っても大丈夫!? さらには、真っ向勝負でも下れるんとちゃう!? とつい調子に乗ってしまったわけですが、これが大きな勘違いでして、豊永上の瀬でいきなり撃沈かましてしまいました。水が減ったとはいえ、まだ豊永水位は1.5mほどあります。夏季通常よりもまだまだ全然多いわけで。
 ラナ、ごめんなさい…。m(_ _)m

 三段の瀬はオーソドックスなルートから進入。通過ルートの違いもあるかと思いますが、フカフカの絨毯みたいだった昨日とはうって変わって爆裂状態でした。目の前の波が俄に膨張したり、破裂したり。水ブネ状態でコントロール不能でしたから、いつ沈むかとヒヤヒヤしながら漕ぎ抜けました。

 昨日と同じ右寄りのルートを選択しなかったのには水量減の他にもう一つ理由があって、「三段の瀬の下右岸側にカヤックがブローチングしている」という情報を事前に得ていたからでした。結局それらしきものは見当たらず、KYOKOさんとは「もう流されたんやろな」と話していたんですが、そもそもの認識が異なっていました。三段の瀬の瀬尻ではなく、三段の瀬よりさらに下流にあったのです。高さ5mくらいの巨岩の、人が入れないくらい狭い裂け目に挟まってました。

110925ohboke06.jpg

 ちょうど当事者が回収作業にあたっていたので、ちょこっと手伝わせてもらいました。1時間近くかかって試行錯誤の末、見事ピックアップに成功。いやー、よかったなあ。
 フネが挟まった経緯を聞けば、岩の上から引っこ抜くのが正攻法でしょう。しかし、フネは変形するほど水圧で強く押し込まれていて、びくとも動きませんでした。あっ、いけるかも? と感じたのは、逆に押し込んだ時。その後は、拍子抜けするくらいにあっさり外れました。発想は柔軟であるべきですね。いい勉強させていただきました。

 次は岩原。もう、最後です。

110925ohboke08.jpg

 KYOKOさんは真っ直ぐ突っ込むらしい。私は…、KYOKOさんのを見てから決めようと少し距離を置いてウォッチしていましたが、瀬の入口で何やら怪しい動きをして視界から消えてしまいました。こら、やめとこっか…と急遽右岸ベタに回り込んで回避。うわっ、でかいホール! そのすぐ下に、黄色いブレイズが引っくり返って浮かんでました。あっ、産まれてる…。KYOKOさん、珍しく泳いでます。 なんや、ロールする気力が出なかったらしい。

 ゴールは11時45分ごろ。所要時間は約90分でした。

 さて、今回の四国遠征は当初の予定通りに全然動くことができず、関係者各位には多大なるご迷惑をおかけしてしまったことを、ここに改めてお詫び申し上げます。とくにM代君とは結局一緒に下れずじまいで大変申し訳ないことをしてしまいました。これに懲りず、今後もよろしくお願いいたします。




ニックネーム ラナ父 at 21:58| Comment(2) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
なんか、一気にアップされましたねえ。
充実した日々のようで何よりです。

カメラ新調されたんですか?
PFDにつけられてますよね。
取り付け方法など、思い出した時にでも紹介ください。

それと、今日はじめて気づいたんですが、「作成中」と「未完」というタグがあるんですねえ。なるほど。
Posted by やまかわ at 2011年09月30日 00:26
おはようございます。
2回の三連休は、おかげさまでなかなか充実した日々を過ごすことができました。が、最近書くゆとりが皆無なんで、「未完」入りの可能性大みたいな。

ちなみにカメラは、ザクティのまんまですよ。治具もなんも使ってなくて、単にライジャケのポケットに突っ込んだだけだったりします。意外と安定してましたよ。遠近感がないせいか迫力は今ひとつ伝わりにくいですけど、体の傾きっぷりは分かりやすいかなと思いました。
Posted by ラナ父 at 2011年10月01日 10:11