2011年08月18日

【番外編】宮崎帰省☆初日

 18日〜21日は我が生まれ故郷の宮崎帰省。2年前の4月にじーさんのお葬式に帰って以来です。今回は飛行機を使い、かつまたレンタカーを使わなかったので、ラナは奥様の実家に預けたままで、4人での帰省となりました。ちなみに飛行機では川次郎、大暴れ。

 まずは「綾の里」へ。目的は地鶏です。
 ここのお店は料理を注文すると、部屋までフネが料理を運んでくれるという特徴があります。最近とみに語彙の増えた川次郎、水路を泳ぐ鯉を見て「かぁなー! かぁなー!」(翻訳:おさかな)と叫んで興奮しております。ちなみに2年前に行ったときには川太郎、この水路に落水してぷかーと伏し浮きで浮かんでました(笑)。

110817aya12.jpg

 やがて、食べきれないほどの地鶏が…。ここの地鶏が美味しいと言われる所以は、漬け込んだ秘伝の「ダシ」によるものらしいです。ばーさんによると「薄くてマズい」の一言でしたが(笑)。

110817aya13.jpg

 地鶏をたらふく食べた後、霧島連山の麓にある「極楽温泉 匠の宿」向かいました。霧島連山というと「?」ですが、「新燃岳」といえば分かる方は多いと思います。新燃岳から7kmということでしたが、現在とくに影響はないということで選択しました。

 なんつーか、立地条件のせいか、お値段の割にものすごく温泉よし、設備よし、料理よし、と大当たり引いた感じでした。

 「おいしいお水で育てているヤマメ」
 まあ、つまり「養殖」ってことなんでしょうけど、フツーにおいしいです。

110817aya14.jpg

 「アワビの踊り食い」
 アワビなんて、小学生の時に叔父さんが獲ってきたのを食べて以来かなあ。ムービーでも撮ってみましたが、ちょっとエグい…。

110817aya21.jpg

 その他、ゴーヤ、無花果(イチジク)、アユ、宮崎牛など豪勢な料理が並びましたが、いかんせんお昼に地鶏を食べ過ぎたせいで受け付けない…。うわー、超もったいねーことしてしまいました。


ニックネーム ラナ父 at 23:41| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮崎なつかしいですわ。 確かに地鶏はうまいけど、食べきれない程でてきましたわ。
 山形屋ってまだあるんですか?
シーガイアに日南海岸 行きましたわ〜。
 美人も多いけど、宮崎の人って普段は大人しい感じだけど、酒飲んだりすると妙なテンションで面白いひと多いっすね。 だからかあ.....
Posted by BoB at 2011年08月23日 23:12
おはようございます。

山形屋はまだありますよ。わざわざ行かないですけど。私はどちらかといえば内陸ばかりうろついてますが、本来宮崎って海岸線のイメージですよね。
美人多いかなあ。行くとこ行くとこ老人ばっかりな印象が(笑)。
Posted by ラナ父 at 2011年08月24日 06:01