2011年09月25日

29 ショート(吉野川5)

水位:1.48m→1.47m(豊永)
水量:57.10t(早明浦ダム放流量),271.02t(池田ダム流入量)
気温:21℃(本山) 天気:晴れ 区間:豊永〜岩原(x.xkm)
メンバー:KYOKOさん [回送]後輩1号、川太郎&川次郎


 朝8時近くまでぐっすり眠れました。ここでは早朝6時にけたたましくサイレンが鳴り響くんですが、子どもたちは早くも適応してしまったのか、起きてくることはありませんでした。
 朝食はパン。川太郎はキャラメルクリームがいたく気に入ったようで、3つもほおばってました。なんや先月に続きまたも至れり尽くせりで申し訳なかったですが、とっても快適な時間を過ごせました。KYOKOさん、ありがとうございました。

 川太郎の体調次第ではこのまま帰宅するつもりだったんですが、彼、セキもハナも止まってすこぶる元気なので、さくっと大歩危ショート(豊永〜岩原)のみ下ることにしました。
 豊永へ向かう道中、大田口の薬師橋から川を眺めると、あれっ? 違和感を感じました。水位計を確かめると、昨日より70cmほど一気に低下してます。調べると、早明浦ダム放流量が昨晩から通常の60トン弱に戻っていました。前日比約180トンも減ってることになります。
 ちゅーことは、今日はラナ連れて行っても大丈夫!? さらには、真っ向勝負でも下れるんとちゃう!? とつい調子に乗ってしまったわけですが、これが大きな勘違いでして、豊永上の瀬でいきなり撃沈かましてしまいました。水が減ったとはいえ、まだ豊永水位は1.5mほどあります。夏季通常よりもまだまだ全然多いわけで。
 ラナ、ごめんなさい…。m(_ _)m

 三段の瀬はオーソドックスなルートから進入。通過ルートの違いもあるかと思いますが、フカフカの絨毯みたいだった昨日とはうって変わって爆裂状態でした。目の前の波が俄に膨張したり、破裂したり。水ブネ状態でコントロール不能でしたから、いつ沈むかとヒヤヒヤしながら漕ぎ抜けました。

 昨日と同じ右寄りのルートを選択しなかったのには水量減の他にもう一つ理由があって、「三段の瀬の下右岸側にカヤックがブローチングしている」という情報を事前に得ていたからでした。結局それらしきものは見当たらず、KYOKOさんとは「もう流されたんやろな」と話していたんですが、そもそもの認識が異なっていました。三段の瀬の瀬尻ではなく、三段の瀬よりさらに下流にあったのです。高さ5mくらいの巨岩の、人が入れないくらい狭い裂け目に挟まってました。

110925ohboke06.jpg

 ちょうど当事者が回収作業にあたっていたので、ちょこっと手伝わせてもらいました。1時間近くかかって試行錯誤の末、見事ピックアップに成功。いやー、よかったなあ。
 フネが挟まった経緯を聞けば、岩の上から引っこ抜くのが正攻法でしょう。しかし、フネは変形するほど水圧で強く押し込まれていて、びくとも動きませんでした。あっ、いけるかも? と感じたのは、逆に押し込んだ時。その後は、拍子抜けするくらいにあっさり外れました。発想は柔軟であるべきですね。いい勉強させていただきました。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 21:58| Comment(2) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

28 ボケロン(吉野川4)

水位:2.25m→2.24m(豊永)
水量:238.17t(早明浦ダム放流量),440.46t(池田ダム流入量)
気温:25℃(本山) 天気:晴れ 区間:豊永〜まんなか(x.xkm)
メンバー:KYOKOさん、にこちゃん、Kさん、Tさん [回送]後輩1号、川太郎&川次郎

110924ohboke01.jpg

110924ohboke06.jpg

110924ohboke07.jpg

110924ohboke17.jpg

110924ohboke20.jpg

110924ohboke24.jpg

110924ohboke33.jpg

☆作成中

続きを読む
タグ:未完
ニックネーム ラナ父 at 21:35| Comment(0) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

27 NKC総会2日目(板取川1■)

水位:-0.60mm→-0.61m(下洞戸) 気温:31℃(美濃) 天気:晴れ
区間:板取川温泉〜タラガトンネル橋(約x.xkm) 所要時間:約1.0h メンバー:マサゴン会長、コニー、ブッシュ [回送]ヒロ姉、ブッシュ奥さん、後輩1号、川太郎&川次郎

 もともと「あじさいセクション」を希望していたんですが、反対多数により却下。「あじさい」のさらに上流部にあたる区間を下ることになりました。

110918itadori02.jpg

110918itadori04.jpg

110918itadori05.jpg

110918itadori08.jpg

110918itadori10.jpg

110918itadori15.jpg

110918itadori49.jpg

☆作成中続きを読む
タグ:未完
ニックネーム ラナ父 at 21:05| Comment(0) | 東海>板取川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

26-1 グレイスケイル、再び(亀尾島川1)

水位:1.33m→1.30m(相生) 気温:24℃(八幡) 天気:雨(時々豪雨)
区間:百間橋〜長良川出合(約x.xkm) 所要時間:約1.0h メンバー:マサゴン会長、コニー [回送]ヒロ姉、後輩1号、川太郎&川次郎

 亀尾島川は、7年前の2004年5月に下ったきり。こんときはKROさんと下りました。ラナはまだ2歳。若いなー。

040509kibishima50.jpg

110917kibishima04.jpg

110917kibishima19.jpg

110917kibishima20.jpg

110917kibishima25.jpg

110917kibishima39.jpg

☆作成中続きを読む
タグ:未完
ニックネーム ラナ父 at 20:28| Comment(3) | 東海>亀尾島川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

26-2 ナガラ本流(長良川1)

水位:1.03m→1.13m(稲成) 気温:24℃(八幡) 天気:雨
区間:長良川出合〜講和橋(約x.xkm) 所要時間:約1.0h メンバー:マサゴン会長、コニー [回送]ヒロ姉、後輩1号、川太郎&川次郎

 本流は全体的に瀬がつぶれててペタンとしてました。昔ドキドキだったオーナーばりの瀬も落差がなくなってしまって、残念。

110917kibishima43.jpg

☆作成中
タグ:未完
ニックネーム ラナ父 at 20:23| Comment(0) | 東海>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

25 透明度ゼロ(引原川3)

水位:0.66m(上野) 水量:5.37→5.44t(引原ダム放流量) 気温:29℃(一宮) 天気:曇り時々晴れ
区間:xx取水堰〜総合スポーツ公園(約x.xkm) 所要時間:約0.8h メンバー:ソロ [回送]後輩1号、川太郎&川次郎

110911hikihara09.jpg

110911hikihara13.jpg

110911hikihara15.jpg

110911hikihara18.jpg

110911hikihara22.jpg

110911hikihara23.jpg

☆作成中


タグ:未完
ニックネーム ラナ父 at 04:56| Comment(2) | 近畿>引原川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

【番外編】FFP→キリンビアパーク神戸

 台風12号タラスが去って一週間が経ちました。
 とくに紀伊半島各地では1,000ミリを超える記録的な大雨が降り(最多総雨量は上北山村の2,439ミリ)、多数の死者、行方不明者が出てしまいました。その数は100を越え、あの2004年のトカゲ台風以上という平成最悪の規模とのことです。
 先週末も関西に帰省しておりましたが、ナラヨシの梁瀬橋にギリギリまで迫っている濁流がTVの実況中継で放映されてました。言葉を失いました。五條観測所の水位(普段1m前後)を覘いてみると、なんと8mまで上昇、大滝ダムの放流量は2000トン以上! ちなみに五條観測所は今回の増水で壊れてしまったのか、今は「閉局」となって表示されなくなっていますね。
 うちの子供たちと同じくらいの歳の子が鉄砲水で流されたりと、痛ましい事故も耳にしました。台風は、パドラーにとって慈雨をもたらす貴重な存在という位置付けですが、度が過ぎれば今回のような大規模災害を惹起する場合もあるという恐ろしい一面を改めて思い知らされた次第。奈良・和歌山方面はしばらくは自粛したほうがよさそうです。

 さて、本日は二度目のFFP(フルーツフラワーパーク)でした。

 川次郎、にらめっこができるようになりました。兄ともども相当面白い顔してくれます。

 110910FFP03.jpg

 ここはラナも連れて歩けるのがええですね。ドッグランもあって、わんこに優しいつくりになっています。

110910FFP06.jpg

 お昼は、「キリンビアパーク神戸」で。
 レストランの前に工場見学しましたが、ここでは生ビールを試飲できます。発生するコスト以上に得られるプラスイメージとかブランド力が大きいと判断するから続けられるんでしょう。実際、キリン大好きになりました。

110910FFP11.jpg


ニックネーム ラナ父 at 04:42| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする