2011年08月28日

24 水位計が…(中奥川2)

水位:0.22m(中奥) 気温:28℃(五條) 天気:晴れ
区間:中奥の橋〜初王寺橋手前(2.4km) 所要時間:約1.5h メンバー:tomoさん

 昨日の美山では終始好天に恵まれましたが、奈良の一部では警報出るほど雨が降っていたらしい。高見川の水位をチェックして、いけるかも…? と期待してましたが、またも一晩ですっかり引いてしまいました。
 ということで、前回と同じく中奥川に向かいました。前回水位が0.23mで、今回が0.22mとほぼ変わりありません。高見川流域と異なり昨日は降らなかったみたいですが、ずっと0.22mを維持していたので、いい感じで水量キープできてんのかな? と思ってました。

 門限が15時のため、上市のコンビニ集合は7時に設定。メンバーは、昨日も一緒だったtomoさんです。こんな朝っぱらからすいません。

 しかし、いざ現地を訪れると…、G-Shocki 水が全然ありません。

 1cmの違いどころではありません。やられた〜。見た感じ、後半部はおそらく下れないでしょう。が、川相が狭隘で岩盤帯の多い前半部は何とかなるかもしれません。

110828nakaoku01.jpg

 このあたりまで山奥に入ると、この時間帯はまだ肌寒い。うっすらと朝靄に包まれて、ちょっぴり幻想的です。道中、川遊びに来たと思われるクルマがすでに結構停まっていました。キャンプしとるんでしょうけど、寒くなかったんかなあ。

 スタートは例の滝。アンダーカットや滝壷の裏に回り込むとレスキュー困難という失敗時に大きなリスクがありますが、私にとって中奥といえばこの滝なので、できれば挑戦したい。水量は充分でしたが、やはり前回に比べるとマイルドになっています。今年二回目ということもあって、落ち着いて臨めました。左岸のアンダーカットゾーンには行かないという目標でしたが、またもや直行。(; ̄O ̄)
 ただ、前回に比べてフネ1艇分右だったおかげで、左肩を岩壁にぶつける程度で済みました。

110828nakaoku03a.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 05:41| Comment(2) | 近畿>中奥川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

【番外編】美山川遊び

 平日関東、週末関西の生活パターンを続けていると、単身赴任してるって感覚がだんだん薄れてきて、平日だけ関東に出稼ぎに出てるって気がしてきます。下期になると加速度的に仕事量も増えてくるし、体力的にどこまで続けられるか分かりませんが、現状ベストと思えるこの生活、終わりの日を迎えるまで可能な限り維持したいです。

 さて、今日はtomoさんとその友人ファミリーに混ぜてもらって一緒に美山川で川遊びしました。ナラヨシに引き続き第2弾。さすが、綾部によう行ってはるだけあって、ええスポット知ってますねー。このあたりの美山川って増水した時しか来たことありませんが、ふだんはこんなにキレイなんやなあ。割と上流部なのに川の水はすごいぬるくて、寒がりな私にはぴったりでした。
 ラナが飛び込みまくってたのが印象的。以前は飛び込む人の傍らで吠えているだけだったんですが、いつの間にか一緒に飛び込むようになってました。

110827miyama14.jpg

 川太郎は、浮き輪とライジャケを組み合わせた結果、アタマが水に浸からないということを認識したようでアクロバテッィクに遊んでました。前回水に浸かると泣いていた川次郎は、今回は首まで浸かっても大丈夫になりました。親水性は順調に上昇中です。

110827miyama16.jpg


ニックネーム ラナ父 at 04:56| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

【番外編】夏休み最終日☆お誕生日会

 夏休みもいよいよ最終日。この日は、川太郎3歳のお誕生日会でした。

110821birth08.jpg

 最近アタマからマヨネーズ臭のする川太郎。離れて暮らしてからも心身ともにすくすくと成長しています。「ぱぱ、あのな、あのな」って言葉遣いはすっかり関西弁(笑)。

 うちの奥さんのセレクトしたお誕生日プレゼントはドラえもんの「スーパーテレビパソコン」。それと、本人のたっての希望で「プラレールジェームス」(「きかんしゃトーマス」に登場するおしゃれでゆかいな赤い機関車)。

 いくら主役とはいえ川太郎ばっかりではかわいそうなので、川次郎にも「アンパンマン 木のかたちあわせパズル」をプレゼント。川次郎はこの日でちょうど1歳半を迎えることになります。保育園効果か、言葉を覚えるのが川太郎より早い気がします。もう、「か ち て」(貸して)とか言ってるもんな。川太郎にはほとんど「だーめーよ」って断られているけど(笑)。ちなみに「だっこして」は「お ち て」、「アンパンマン」は「いーぱん」。ラップ調で「よう よう!」と踊ったりもします。
 気性の激しさは相変わらずで、気に入らないとすぐ物投げるし、「いやん いやん」と騒いでところかまわず寝っ転がったりします。近い将来、スーパーとかで欲しいもの買ってもらえんかったら地べたに寝転がってバタバタしてるクソガキになりそう。それはもう、間違いなく。
 川太郎と川次郎を見ていると、こういうのは育て方というより生まれつきのもんなんやなあと思いますわ。

 会もお開きになったところで、お別れの時間。今夜も夜行バスで東京に戻るのです。今年の夏休みは川下りはたったの2日間だけでしたが、家族と一緒に非常に濃密な時間を過ごせてとっても満足でした。それにしても、明日から憂鬱やなあ…。

ニックネーム ラナ父 at 19:55| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

【番外編】宮崎帰省☆三日目

 21日は早朝から空港に向かうので、実質今日が最終日です。
 午前中は川遊びに興じるつもりでしたが、周辺の川は増水して濁っています。それこそ、カヌーで下るととっても楽しそうなくらい(今回は持ってきてません…)。子供用の浮き輪が手に入らなかったこともあって、「流れるプールとウォータースライダー」に行くことにしました。

 「流れるプール」という言葉から想起するイメージとは異なり、全然流れてません。どの辺が「流れる」のか、ついに分からずじまいでしたが、非常にええとこでした。人も少なかったし。

 プールの深さは三段階に分かれていて、川次郎は30cmゾーン。滑り台がついていて、これがよく滑って面白そうなのですが、川次郎にはまだ怖いみたいで「いやん いやん」となかなか下りてくれませんでした。

110820ayapool22.jpg

 プールの隣に「ウォータースライダー」があります。特筆すべきは追加料金が不要な点。何回でも滑れます。そして我々が訪れたときはガラ空きでした。

110820ayapool28.jpg

 身長120cm以下の人は滑れませんが、抱きかかえてならいいそうです。川太郎にはまだちょっと刺激が強すぎるかな? と思っていましたが、意外や意外、滑ってる最中に「おもしろいね」と振り返って言ってくるくらい余裕で楽しんでました。

110820ayapool24.jpg

 さて午後は西都まで移動。目的はうなぎです。
 「入船」 この店以上のうなぎを食べたことがないというくらい美味しい。帰省のたびに食べにいってます。予約制ではないので毎度1時間以上待たされますが、今回は30分程度で入れました。

110820ayapool33.jpg

 鰻丼、呉汁、肝付きで ¥1,890.
 酢ぬた ¥750 も注文しました。

110820ayapool32.jpg

 何度来てもおいしいなあ〜。子供たちもバクバク食べてました。こんな小さい頃からこの味を知ってしまうと、ふつうのウナギを食べなくなるのでは…とちょっと心配になります。

ニックネーム ラナ父 at 00:15| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

【番外編】宮崎帰省☆二日目

 眼前には霧島連山が雄大に広がっていますが、哀しい性で、大淀川水系の源流が数多く集まっていることにどうしても目が奪われてしまいます。「三之宮峡」なんか結構面白いんちゃうのと。
 しかしまあ、幼児がいて、今回は母もおりますので、川の下見は控えまして「コスモス牧場」に訪れました。

 うしさん、いっぱいです。

110819ayafureai30.jpg

 でも人は…、全然おらん。ほぼ貸切です。噴火の影響でしょうか。

110819ayafureai04.jpg

 看板が笑いを誘うだけに余計寂しい感じがします。

110819ayafureai05.jpg

 場内には小さなカート場がありました。川太郎、運転はまだ難しいみたいですが、とっても楽しそうでした。

110819ayafureai10.jpg

 うしさんだけかと思っていたら、ポニーなど小動物たちもいてました。中でもうさぎコーナーは構内に入って実際にふれあうことができるようになってます。といっても、人が近づけば、うさぎたちは当然、逃げます。
 おかげで「ぱぱ、つかまえて!」と川太郎に命じられて走り回るはめになりました。
 すこし動きのトロかった茶色いうさぎさんを捕獲しましたが、「しろいうさぎがいい」とお気に召さない様子。白いうさぎって、一匹しかおらんやん。ピンポイント狙いですか…。
 で、紆余曲折を経てようやく捕まえましたが、疲れました。

110819ayafureai18.jpg

 後になって、にんじんを与えられると判明。追いかけ回したお詫びに大量に投与してきました。にんじん持ってると、うさぎのほうからどんどん寄ってきます。捕まえるのは超簡単。最初っからこうしとけばよかった…。

110819ayafureai27.jpg

 東斜面には全長450mの大きな滑り台があります。これは大人でも楽しめそう。

110819ayafureai35.jpg

 ということで、ここは嫁さんが川太郎と一緒に滑りました。

110819ayafureai36.jpg

 高原地帯なので風が冷たくて気持ちいい。幼稚園児くらいまでなら存分に楽しめますね。人も少ないのでストレスもないし、結構気に入りました。経営面でちょっと心配ですけど…。

ニックネーム ラナ父 at 00:05| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

【番外編】宮崎帰省☆初日

 18日〜21日は我が生まれ故郷の宮崎帰省。2年前の4月にじーさんのお葬式に帰って以来です。今回は飛行機を使い、かつまたレンタカーを使わなかったので、ラナは奥様の実家に預けたままで、4人での帰省となりました。ちなみに飛行機では川次郎、大暴れ。

 まずは「綾の里」へ。目的は地鶏です。
 ここのお店は料理を注文すると、部屋までフネが料理を運んでくれるという特徴があります。最近とみに語彙の増えた川次郎、水路を泳ぐ鯉を見て「かぁなー! かぁなー!」(翻訳:おさかな)と叫んで興奮しております。ちなみに2年前に行ったときには川太郎、この水路に落水してぷかーと伏し浮きで浮かんでました(笑)。

110817aya12.jpg

 やがて、食べきれないほどの地鶏が…。ここの地鶏が美味しいと言われる所以は、漬け込んだ秘伝の「ダシ」によるものらしいです。ばーさんによると「薄くてマズい」の一言でしたが(笑)。

110817aya13.jpg

 地鶏をたらふく食べた後、霧島連山の麓にある「極楽温泉 匠の宿」向かいました。霧島連山というと「?」ですが、「新燃岳」といえば分かる方は多いと思います。新燃岳から7kmということでしたが、現在とくに影響はないということで選択しました。

 なんつーか、立地条件のせいか、お値段の割にものすごく温泉よし、設備よし、料理よし、と大当たり引いた感じでした。

 「おいしいお水で育てているヤマメ」
 まあ、つまり「養殖」ってことなんでしょうけど、フツーにおいしいです。

110817aya14.jpg

 「アワビの踊り食い」
 アワビなんて、小学生の時に叔父さんが獲ってきたのを食べて以来かなあ。ムービーでも撮ってみましたが、ちょっとエグい…。

110817aya21.jpg

 その他、ゴーヤ、無花果(イチジク)、アユ、宮崎牛など豪勢な料理が並びましたが、いかんせんお昼に地鶏を食べ過ぎたせいで受け付けない…。うわー、超もったいねーことしてしまいました。


ニックネーム ラナ父 at 23:41| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

23 完漕(吉野川3)

水位:0.82m→0.90m(豊永)
水量:62.30t(早明浦ダム放流量),70.54t→70.55t(池田ダム流入量)
気温:32℃(池田) 天気:晴れ時々曇り 区間:歩危茶屋〜川口(x.xkm)
メンバー:M代君、AZmax [回送]ゆかりん、後輩1号、川太郎&川次郎

 午後の部は小歩危。水位は昨日とほぼ同じ0.82mでした。早明浦ダムの発電放流は夜間行われていないため、昼夜で水位変動が激しくなるのですが、今回は昼夜ほぼ一定でした。どうも山崎ダムでコントロールしているようですね。

 ところで、昨晩は夢にまで見ました。曲戸の瀬の奈落手前で佇み、どこから下ろうか思い悩むシーン。これがマンガだったら夢が啓示となってヒントがもらえたりするんですが、あまりの緊張に気分が悪くなって目が覚めてしまいました。これって単にうなされただけやんっていう。

 昨日7万円もしたというワーナーのパドルを割ってしまったM代君、今日は予備パドルで臨みます。予備パドルはジョイント式ですが連結部の金具が欠けているらしく、そのへんで拾ってきた木の枝をねじ込んでいました。(^_^;) 探検部らしい…。

 そして本日ダブルヘッダのアズマックス。小歩危は過去3本下ったことがありますが、いずれもラフトで、カヤックで下るのは今回が初めて。さらに、午前中ですでにお腹いっぱいのご様子でして、私以上に緊張しているようです。

 ゆかりんとうちの妻子はランチ後に例の妖怪屋敷に行くようです。昨晩「ゆかりん、だーいすき黒ハート」と告白した川太郎が妖怪たちを前にどれだけいいところを見せられるのか、楽しみですね。また、ラナは午前中に穴内川でめいっぱい遊んだやろし、午後の部はお休みしてもらうことにしました。

 こうしてダッキー2艇、カヤック1艇の編成にて13時半ごろに出発。
 アズマックスの下り方は私に近く、どチキンで下りたいようです。私と同じく右岸ベタ寄せで鉄橋を無難にクリア。M代君は、昨日あんな目に遭ったにもかかわらず、再び真っ向勝負を挑み、またもや敗れてました。

110816koboke_all.jpg

 森囲いは、昨日はノースカウティングでしたが、今日はアズマックスがいるので念のため上陸して下見。ルートの説明をして、ではお手本をということでM代君が一番手で下りました。結果は、左岸に避ける際にウェーブに弾かれて撃沈。イヤーな手本を見てしまいました。アズマックスには担ぐ? と聞いてみましたが、めげずにやる気らしい。
 ほなお先にと私が二番手。鉄橋と同様、昨日よりワンテンポ早めに動くように心がけた結果、スムーズに左岸の回避ルートに入れました。
 トリはアズマックス。後ろ向きに落ちたりしてますが、ルートはきっちりと取れています。

110816koboke_all-1.jpg

 森囲い後半の瀬を下ったところでM代君と合流。口を開こうとしたら、「言い訳させてください!」と封じ込められました。さっきのは、落ちる瞬間にストラップのアジャスタが割れてしまい、前につんのめったらしい。ふーん、って、ストラップ切れたらヤバいやん! また中止? と危惧しましたが、待ってる間に予備カラビナで応急処置済みで続行は可能みたい。なんや下るたびにトラブルが起こってるんでビクビクしてましたが、ほっとしました。

 二段はM代君は左岸ベタからかわし、私は右側の潰れた場所を狙って下っています。先月も含め両者唯一の無沈地帯となっていて、今回もスムーズにいけるやろと思っていたら、そうはいきませんでした。
 アズマックス、右に寄せきれずに、なんか変なとこで落ちてます。その後流れてきましたが、二段目の手前でぐるぐる回ってました。はー、あんなとこに捕まるとこあるんやー。固唾を呑んで見守る中、ダンスを終えて出てきました。おつかれさーん。諦めずによく耐えました!

110816koboke_all-2.jpg

 大滝の手前に至ったところで、アズマックスが撤退宣言。もともとそのつもりだったみたいです。今のところ沈脱ゼロやし、よく漕げてるから最後まで行ったらええやんと二人で説得しますが、固辞されました。

 昨日は一発目のドロップ脇のエディで怖い思いをしました。そこで今日はノンストップでいくことにしましたが、そもそもドロップが怖いからエディに逃げていたので、気が楽になるということはありません。M代君からアドバイスをもらってうまく乗り越えられましたが、右岸ベタにどんどん寄せられる。気が付けば昨日と同じラインです。そのおかげで逆に動きが読めたので、身体が動きました。岩に押し付けられるのをリーンで堪えましたが、態勢を立て直す前にラストのメインドロップへ。やや横向きで入ってしまい、絶望的かと思われましたが、ここも奇跡的に耐えました。

110816koboke_all-3.jpg

 M代君はここでも撃沈。本日これで3沈めです。沈して泳ぐって特殊なことというイメージがありましたが、ここ下ってるともう、見慣れてしまって違和感がなくなってしまいました。ちなみにここはアズマックスが一番きれいなラインで下りました。

 アズマックスには、この調子やったらこの先も行けるって! ともう一度誘いましたが、もう腕がパンパンで…とのこと。まあ、無理強いもよくないので、ここで別れることにしました。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 00:38| Comment(4) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【番外編】大豊「ファミリー」セクション

水位:0.82m(豊永) 気温:31℃(池田) 天気:快晴 区間:大豊橋〜豊永(6.0km)
メンバー:AZmax,ゆかりん、後輩1号 [回送]M代君、川太郎&川次郎

 昨晩は、大豊のKYOKOさんのお家に泊まらせていただきました。手料理などたくさん振る舞っていただいて、心温まるひと時でした。KYOKOさん、本当にありがとうございました。また歩危行きの機会がありましたら、ぜひお邪魔したいです。
 食卓は、われわれの他にも夕方到着したアズマックス夫妻に仕事を終えたにこちゃんも加わって、とても賑やかなものでした。子供たちのために小学校の校庭で花火もやりましたが、大人たちも結構楽しんでいたみたいです。KYOKOさんとにこちゃんとは、川について話したいことが山のようにあったんですが、子供たちの寝かしつけで相討ちとなり、早々に寝入ってしまったのが唯一の心残りですが、今現在一番気になっていたことは聞けました。その聞きたいこととは、「奈落の越え方」。

 【悩み相談】
 曲戸の瀬のメインドロップである奈落は、奈落とその左側やや前方に位置する隠れ岩(M代君は「ち○こ岩」と呼んでました)のスキマを狙って落ちるのがセオリーと認識していましたが、前回ものの見事に失敗してしまいました。明日は、奈落の右側迂回ルート、ち○こ岩の左側ルートも含めてどのルートを取るべきか悩んでいますが、ベストルートはどこだと思いますか?(水位は大豊0.8m程度)

 【アドバイス】(回答者3名の総評)
 左岸側に逃げるルートはNGです。左岸側には三角の岩がありますが、これがアンダーカットになっていて泳いだ時のリスクが高いため。右岸ベタから迂回するルートも推奨しません。奈落にまっすぐ向かうのがいいのではないでしょうか。ただホールの形状が以前とは変わったようで、掴まりやすくなっています。先週末に下った時は、パーティの6名中、4名が掴まっていました。そんなに長い間ではありませんが。

 いやいや、真っ向勝負なんて絶対にムリですわ!
 やっぱり初志貫徹で、件のスキマを狙っていくしかないか…。

110817koboke02.jpg

 さて本日は二部構成の予定。
 午後は昨日同様小歩危セクション、午前は豊永より上流の大豊セクションです。午前の部のプットインは、出合から約700m上流の大豊橋に設定しました。メンバーはうちの奥さんと、アズマックス夫妻。うちの奥さんなんて「こんなん池みたいやん」と不服の様子でしたが、後でとっても後悔してました(笑)。

 子供たちはちょこまかと動き回って危なっかしいのでカヤックに放り込んでセットアップ。

110817koboke05.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 00:15| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

22 水圧(吉野川2)

水位:0.78m→0.84m(豊永)
水量:27.70t→56.10t(早明浦ダム放流量),65.22t→69.53t(池田ダム流入量)
気温:31℃(池田) 天気:晴れ 区間:歩危茶屋〜白川谷川出合(x.xkm) メンバー:M代君

 四国に、行きたい。

 今年は宮崎行きが決まっていたため厳しいと思われていたんですが、アズマックスの要望もありまして1泊2日の短期間ながらめでたく実現の運びとなりました。(^o^) 行き先候補はそれはもう、たくさんありますが、今回はほぼ決め打ちでした。
 小歩危。先月数年ぶりに下りましたが、はっきり言ってめちゃめちゃ怖かった。でも、下りきった時のあの爽快な気分をもう一度、どうしても味わいたい。歩危さんとは出会って以来14年も経っているのに、今更ながらその魅力に毒されてしまったようです。

 今回メンバーは、前回同様「流の会」M代君、そしてラナ。前回とまったく同じ編成です。アズマックスは、ゆかりんの体調不良により急遽不参加となってしまいました。また、帰省中の花鳥にも声をかけてましたが、由良川に行くらしい。

 嫁さんは子守のため別行動。川遊びをベースにいろいろ遊び場を検討しましたが、結局ラピス大歩危の「妖怪屋敷」に行くとのこと。
 出発は13時10分ごろ。

110816koboke05.jpg

 まずは鉄橋の瀬。この瀬は、M代君の中では、今後の行方を占う試金石的な位置付けのようです。だから、自身の漕ぎっぷりを確かめる上であえてメインルートに飛び込みます。いっぽう、私は、回避を選びます。体力、気力を序盤から削るようなことはしたくないからです。タイプの違いがはっきり出ますね。

 しかーし。回避のため充分右岸に寄せたつもりだったのに、ウェーブホールにがっつり入ってしまいました。バックウォッシュ上でフネが止まる。やっべー。スライドして脱出できましたが、ラナは? ドキッとして振り返ると、しっかりと背中にしがみついていました。ほっ。

 エディでM代君を待っていると、…あ、泳いできました。ということは、この先は数多の艱難辛苦が待ち受けていることでしょう(笑)。

110816koboke08.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 23:41| Comment(0) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

【番外編】夏休み☆若狭南川

 待ちに待った夏季休暇がやってきました。

 今年は土日を合わせると13日から21日までの9連休です。昨年は生後6ヶ月に満たない川次郎を連れ、5泊6日をかけて四国の右半分を回ったりしましたが、保育園に通い出して体調のバランスを崩しやすくなってしまった今年以降はこのような強行軍はもはやムリでしょう。

 そして今年は、久々に生まれ故郷の宮崎に帰省するというビッグイベントもあります。そう考えると、今年の夏休みは長期遠征は諦めざるを得ません。ということで、最初の二日間は、義父の故郷である嶺南小浜でのんびりと過ごすことになりました。

 で、日曜日は早速傍らを流れる南川で泳いできました。義父母の古民家のすぐ傍らを流れる里川です。去年はカヌーで下りましたが、今年はノーカヤックで、義父母や義姉ファミリーと一緒にスポットで泳ぎました。
 周辺一帯の川相はザラ瀬がメインですが、ここには珍しく、大の大人でも足の届かない水深のある淵があります。ふと思ったのですが、沈して強制的に泳がされるのを除いて、純粋に泳ぐのって、ものすごい久々だったりします。いつ以来だったか思い出せないほど。
 結論からいうと、私自身を含め全員がものすごく楽しんでました。子供が楽しむのは当たり前かもしれませんが、大人たちも子供以上に楽しんでいるのが印象的でした。でも、最も楽しんでいたのはラナかもしれません。泳ぐの、こんなに好きやったんやねえと改めて知りました。

 私は立場上レスキュー人員も兼ねますのでライジャケを着用して泳ぎました。今更ながら初めて子供を抱えて泳いでみたりしましたが、頭部を浮かせたまま泳ぎ続けるのは非常に困難です。まして大人を抱えて泳ぐなんて絶対に不可能と思いました。
 予防策としてベストなのは、泳ぐ人は全員ライジャケを着用すべきということ。最低限必須なのは、スローロープ。でもこれは、レスキュアーがパニック状態になっていたら使えません。掴ませるために泳いで持って行っても、前述の理由で二次災害が起こる可能性があるのでパーフェクトな予防策にはなりえません。

 あいにく、カメラを持ってくるのを忘れてしまい、写真がありませんでした。ちなみに、うちの「ジジ」のブログ『若狭悠々亭』にも関連記事がありますのでよろしければご参照ください。


ニックネーム ラナ父 at 21:50| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

【番外編】はつ恋

 どことなく可憐で奥ゆかしい。
 守ってあげたくなる。
 大和撫子。
 アイドル。
 「男子」が理想とする「女子」。

 私くらいの年齢になると、第一印象でそう思われるのをどう思ってんかなと慮ったりするんですが、まあ、あくまでぱっと見の話でいうとぴったりな女性がいます。

 ゆかりんです。アズマックスの奥さんですね。

 その「ゆかりん」にぞっこんな男子がいます。
 この、白馬の王子様です。

RIMG0093.jpg

 我が家では毎晩、子供たちが寝る前に私と電話してます。
 寝る準備が整ったところで、うちの嫁さんが「パパに電話する?」と聞くんですが、最近、川太郎はパパそっちのけで「ゆかりんにでんわするー」っていうらしい。
 で、ホンマに電話して「ゆかりん、はなびしようね」とかデレデレで言ったりするらしい。

 川太郎、それは、恋というものだよ。

 まあ、人妻やけどね。


 どんな色が好き? って聞いたら、「ぴんくがすきー」と答える川太郎。ロボットやヒーロー物よりも、プリキュアやキティーちゃんに興味津々な川太郎。少女趣味なのかなあと思っていましたが、しっかり「男子」らしい一面もありまして、親としては正直、ほっとするような。


ニックネーム ラナ父 at 22:16| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

21 超絶空間(中奥川1)

水位:約0.24→0.23m(中奥) 気温:30℃(五條) 天気:晴れ
区間:中奥の橋〜初王寺橋(2.5km) 所要時間:約1.5h メンバー:AZmax

 当初、行き先は十津川水系を予定しておりました。しかしながら、日帰りで行くとこちゃうやん、新婚のアズマックスがかわいそうやんと各方面から集中砲火を浴びせられ、再検討を迫られることに。

 そんなんゆうても近所にええとこないしなあ…と悩んでいたところ、昨日の夕立で紀ノ川水系はそこそこ増えました。とくに中奥川は2時間で34mmの降雨があり、1時間で60cmも増水(0.22→0.82m;中奥)。高見川水位も、0.68m(高見)まで上昇。おおっ、これなら前回の続き(アッパー前半部)ができるかも…。
 ということで第一希望は高見川、NGだった場合は中奥川と決めました。

 さて本日。9時半に上市のコンビニ集合予定が、1時間ほど早く着いてしまったので、先に一人で高見川を見に行くことにしました。残念ながら水は一晩で引いてしまい、昨日の夕立前とほとんど変わらない水位まで下がっています。ミドルは何とか漕げる水量はありますが、釣り竿が結構多い。アッパーは、数はだいぶ減りますが、水量もカツカツ。ということで、諦めることにしました。
 それにしても、川遊びに来ている人が本当に多いのに驚きました。それだけいい川ってことなんでしょうが、「駐車禁止」の看板が立っているところに堂々と停めているヤカラも多い。それと、ライジャケは身に着けといたほうがいいと思いますけどね。

 アズマックスとは「道の駅 杉の湯 川上」で合流し、中奥川を目指して国道169を南下。20分足らずで目的地の初王子橋に到着しました。水量は高見川と似たようなレベルですが、こっちのほうが水深があるんで何とか漕げそう。それに、竿がゼロなのでストレスフリー。ということで、中奥川を漕ぐことに決めました。
 ちなみに、ここも川遊びに興じる人たちで溢れんばかりでした。4年前に初めて訪れた時はほとんど誰もおらず、秘境感たっぷりでしたが、ここって実は、有名スポットなんでしょうか?

 さて、今日は新たな試みが一つあります。
 GPSロガー。
 川地図を正確かつ効率的に作成するため導入してみました。うまくいけば、下った行程が動的に線表示され、写真が撮影場所と紐付いてGoogleMAPにアップロードできるはずなんですが、

G-Shocki 肝心のカメラ忘れました。

 なんてこったい。
 しかし救いの神あり。珍しくアズマックスがカメラ持って来てたのです。助かりました〜。

 GPSのスイッチをオンにして崖の下へ。こんな深い谷でもちゃんと受信できるんでしょうか…。
 さてこの川、最初の瀬がいきなり滝です。漕ぎ慣らしするスペースもほとんどなく、心の準備も何もあったもんではありません。

110807nakaoku05.jpg

 しかもフレンドリィとは言いがたい。
 中心は滑滝状ですが、左右からフタをするように反射流が覆い被さっています。一番外側にある右岸からの流れに乗せるのがセオリーでしょうが、乗れるかどうか判断が難しい水量。また、滝壺には「裏」があります。RPGなら宝箱置いてそうな空間ですが、たとえ本当に存在したとしても中に入るのは御免蒙りたい。さらに、滝壺下流の左岸側はオーバーハングしていて、アンダーカット気味。
 ビヨーンとブーフで飛んでしまえば、これらのハザードは回避できますが、真下に落ちて、滝壺でフリップした場合は相当なリスクを背負うことになります。
 アズマックスは、滝の裏を見てポーテージを決断。私は…、やることにしました。

 でも、ルートがなかなかが見えてこない。迷いに迷いましたが、結局ナメ状の中央コースを選択しました。うまくテイクオフできれば問題なしですが、ミスって真下に落ちた場合は、とくに右岸からの反射流の影響を受けます。うまくひねりを入れてかわす必要がありますが、落ちながらそんな芸当ができるのか…? 着水後は左岸に近寄るのは避けたい。まあフリップさえしなければ何とでもなるでしょう。逆に言えば沈だけは絶対避けたいところです。

 さて、いよいよ漕ぎ出しました。いまいちスピードに乗せられないまま、落ち口へ。水面に沿って落ちていく。飛べるチャンスはあったと思いますが、落下態勢に入ると恐怖が先立ち、身体が固まってしまって動けませんでした。意識していた前傾姿勢も堪えきれず、上体が起き上がる始末で、ええとこなしです。
 着水。沈むことなく、水面でバウンドして弾丸となって左岸へ一直線。コントロールする余裕は皆無でした。暗い部屋です。瀑音轟く滝壺内のくせして静謐な雰囲気さえ感じさせますが、あまり長居はしたくありません。水圧でフネが捲りあげられそうになるのをリーンで堪えながら脱出。
 ふと思い返してみれば、4年前とほとんど同じ下り方だったような気がします。ちっとも上達していないのがよく分かる。(^_^;) しかし、だからといって達成感、爽快感が失われるわけではなく、テンションは一気に最高潮。

 滝の下流は大きなプール。両岸は断崖に囲まれ、上空は木々に覆われて日光が遮られているため薄暗く、ひやりとした冷気に包まれていて、マイナスイオンが充満していそうな空間。時間があれば、日が暮れるまでここでずっとぼんやりと過ごしていたい。100本以上の川を下ってきた中でも指折りのお気に入りの場所です。

110806narayoshi01.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:58| Comment(0) | 近畿>中奥川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

【番外編】ナラヨシ川遊び

 奥さん、久々のカヤックです。雨降ったり、増水してたりで何度かお流れてになってしまいましたが、ようやく実現。約9ヶ月ぶりだそうです。

110806narayoshi01.jpg

110806narayoshi08.jpg

 tomoさん、ありがとうございました。

 詳細は「カヌーイストなラガーマン」参照くださいませ。
ニックネーム ラナ父 at 06:21| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

【番外編】FFP

 今週末はノーカヤック。何だかんだで6月後半から毎週漕げていたので、川以外の週末は結構久しぶりだったりします。

 さて、どこに行こう…。「ひとはく(人と自然の博物館)」はこの前も行ったばかりやし…。あれこれ考えた末、FFPに行くことにしました。ちなみに“FFP”とはカッテに略して言ってみただけで、正式名称は「神戸市立フルーツフラワーパーク」です。ラナは残念ながらお留守番。彼女も連れて行ける屋外系はもう少し涼しくならんと難しいです。

 天気は曇天。いつ降り出すか分からない状態でしたが、到着してまもなく降ってきました。( ̄Д ̄;) ガーン
 雨宿りしながら屋内中心で遊ぶ。

110730FFP03.jpg

 お昼近くになって、ようやく回復。園内を散策しました。乗り物コーナーは昭和っぽいレトロな印象でしたが、広場は神戸らしいオシャレな雰囲気ですね。
 しかし、広いなあ〜。プールまであるのね。

110730FFP12.jpg

 天気が回復して自由に動き回れるようになった後は、あれ乗りたいこれ乗りたいとせがまれ、だいぶ散財させられました。
 締めは「チューチュートレイン」で園内一周。
 (川次郎、目を離した隙に階段で転んで名誉の負傷)

110730FFP20.jpg

 帰りは今回も夜行バス。三田の家を発つ時間帯は、子供たちはふだん寝入っているんですが、今回はなぜか二人とも起きていました。

 川次郎は「ぱぁぱー」と号泣。
 川太郎は「らいしゅうも またきてね」と。

 いつの間にか、こんな言葉が言えるようになってんねんなあ…。
 成長に驚きつつも、週末しか会えない存在であることが前提となっていることに一抹の寂しさを覚えつつ、東京へと戻ったのでした。

ニックネーム ラナ父 at 05:24| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする