2011年07月22日

20 ニホンオオカミ終焉の地へ(高見川1◆106本目)

水位:約0.96m(高見) 気温:23℃(大宇陀) 天気:曇り
区間:萩原周辺〜丹生川上神社周辺(3.3km) 所要時間:約1.0h
メンバー:マサゴン会長、AZmax

 金曜日に代休が取れましたので今週末も三連休になりました。折しも、台風第6号マーゴンさんが通過した直後で河川は増水傾向にあります。
 増水したら行きたい川は決めていました。
 ナラヨシの支流、高見川です。

 高見川は、台高山脈の北端、高見山(標高1,248m)を水源とし、奈良県東吉野村内を蛇行しながら南西へ流れ、吉野町窪垣内にて吉野川右岸に注ぐ、紀ノ川水系の一級河川です(幹川流路延長22.3km,流域面積133.1ku)。

 ちなみに高見山の反対側(東側)は、櫛田川の源流になります。

 実は4年前に一度機会がありました。KYOKOさんのお誘いで一緒に下る予定だったんですが、この時は水量不足で中奥川にシフトし結局下れずじまい。その後、関東に転勤したため忘れかけていましたが、最近の週末は関西がベース。もし、チャンスがあれば…と虎視眈々と狙っていたのです。(^o^)

 平日でしたが、子供が生まれたばかりのマサゴン先輩と、新婚ホヤホヤのアズマックスが休暇中で、付き合ってくれることになりました。ただ、あまり時間がありません。夜行バスの大阪駅到着時間が7時なんで現地入りは最速で11時ごろ、また17時半に保育園のお迎えがあるので、15時には現地を発たなければなりません。すなわち現地滞在可能時間は約4時間。初めて下るとこやし、プットイン・テイクアウトの位置設定も含め下見に2時間はほしい、回送・準備・片付けにも1時間半くらいかかるなあ…と考えると、実際に川を下る時間はほとんど取れないということが分かってきますが、それでも行きたい。

 上市のコンビニに10時20分に到着。会長は10時半ジャストに到着。アズマックスは…来ない。明石で事故渋滞に巻き込まれたため30分ほど遅刻するらしい。普段なら待ちますが、今日は時間がないので先に行って下見しておくことにしました。

 窪垣内から16号に入って東吉野村へ。過去、蓮川や櫛田川を下る時に何度か通ったことのある道です。道中には、ニホンオオカミが咆哮する像が立っています。明治38年、ここで捕獲されたのが捕獲記録としては最後らしい。「ドラえもん」にありましたね。実は生き残りがいた…という内容でした。子供心にすごく考えさせられる話でしたが、たぶん今読んでも同じ気持ちになるでしょう。ここを通るといつも、あの話を思い出します。

 さて、丹生川上神社に到着。ここを起点として、上流側がアッパー、下流側がミドルと呼ばれるようです。実際にどのセクションを下るかは現地を見て、協議して決めようと話してありました。
 アッパーは、ミドルと比べれば水量は半分程度にまで減ります。神社から倍増するのは左岸から四郷川が流入しているためでした。この川も下れるんでは…。かなり気になりますが、時間がない。

 神社に至るまで見てきたミドルの川相は、パワー・スピード感溢れるもののメリハリに乏しいかなという印象。いっぽう、アッパーは岩が多く変化に富む渓流っぽい。
 アッパーに入ると携帯が圏外になってしまいました。気になりますが、川沿いにいる限りアズマックスと落ち会えるやろと考え、会長のクルマをゴール予定地点に停めて、さらに上流へと走り出しました。
 国道166号に合流するところで再び圏内に。アズマックスから何回か着信が入っていました。かけ直しましたが今度は彼が圏外のようです。

 時刻はもう正午過ぎです。うーん、時間的にはもう合流してないとおかしいんやけど。もう一度、駐車場所へ戻りましたがいない。連絡取れるまで電波入るとこで待つしかないか…と、神社下流の集落まで移動。しばらく待機して、ようやく繋がりましたが、時刻は12時半を回っていました。ああ、時間が…。やっぱり足りないか…。
 彼、現在166号上にいるらしい。正午にいた場所です。今から準備したとして、下れる時間は1時間くらいかな…。全長6km以上のアッパーセクションをフルで下るのはもはや不可能です。が、ハーフなら検討の余地はあります。
 核心地帯を含む前半部と、比較的緩やかな後半部。会長は前半部を下りたいそう。私もそうです。しかし、今日のメンバーであのコースを1時間以内に下れるかというと自信がない。ということで、後半部にしてもらいました。アズマックスとはプットイン予定の中間点で落ち合うことにしました。

 ようやくアズマックスと合流。やっぱり、道間違えてたらしい。支流の四郷川沿いを遡ってたようです。念のため、コンビニから神社までの交差点は道中に都度メールしといたんですが、この先は大丈夫やろと連絡を怠ったのが失敗でした。

 後半コースは約3.3km。前半部はキツめですが、後半部はかなり緩やか。1時間あれば何とかなるでしょう。とりあえず下れることになってよかった。
 しかし、焦りの気持ちがまだあったんでしょう。

 G-Shocki 入川道の階段で滑り落ちました。

110722takami29.jpg

 4mくらいの垂直に近い、半ばハシゴのような階段でしたが、最初の一歩で、バナナの皮で滑るようにステーンと転んで落ちました。後頭部と背中を強打した後、回転して逆さ吊りのようになってズルズル落ちていきましたが、欄干に足首を引っ掛けてようやく停止。メットとライジャケを装着していたのでダメージはほとんどありませんでしたが、足首は歩くと痛む…。

 漕ぎ出す前に危うくリタイヤするところでしたが、13時35分頃、ようやく出発。

110722takami31.jpg

 ザラ瀬を下り、彎曲した淵を過ぎると、ちょっとヤバめな場所が現れました。車道から確認済みでしたが、念のため上陸して下見。

110722takami34.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 05:06| Comment(0) | 近畿>高見川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

19 聖地★小歩危 日帰り撃沈ツアー(吉野川1)

水位:0.66m→0.80m(豊永)
水量:54.10t(早明浦ダム放流量),66.70t→73.79t(池田ダム流入量)
気温:31℃(池田) 天気:快晴 区間:歩危茶屋〜川口(x.xkm) メンバー:M代君

 ついにやってきました。念願の四国!

 しかし、直前になって嫁さんが体調不良でダウンしてしまい、同行はラナのみとなってしまいました。
 妻曰く、当初の予定通りキャンプして、翌日の晩までに帰ってくればいいとのことでしたが、病身の妻を放置し、子供の世話を義父母に押し付けて遊びに行くわけですから、かーなり後ろめたい。せめてできるだけ早く帰らなければと、キャンプはドタキャン、日帰り行程に急遽変更させてもらいました。料理を準備してくれてたM代君、本当にスミマセンでした。

 本日の予定は小歩危セクション。小歩危さんとはなかなかご縁がなく、だいぶご無沙汰してまして、かれこれ4年ぶりになります。
 長いブランク、初めて心折られた場所。悲壮感漂うダウンリバーになるかも…と思いきや、自分でも驚くほど前向きでした。今年は、出撃回数こそ少ないですが、飛騨宮川を筆頭にみなかみ4日間とビッグウォーターが比較的多いので、この経験がどこまで通用するか試してみたいという気持ちが強いようです。

 スタートは歩危茶屋から。
 不意に名前を呼ばれて振り返ると、どっかで見た顔。
 長やんでした。久しぶり! 埃をかぶっていた灰色の記憶が少しずつ色づいていく。

110716koboke05.jpg

 川へ下りると、思わずため息。
 キレイやあ…。私がラフトガイドしてた10年前は、もっと濁ってた印象がありましたけど。過去の記憶はとかく美化されがちですが、ここは逆ですね。M代君曰く、ここ数年はずっとこのレベルの透明度が維持できてるらしい。
 水温は高く、川に浸かると気持ちいい。これぞ南国の川って感じ。みなかみとは対照的。もう、言うことなしです。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:23| Comment(4) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

【番外編】JFKA 関東大会(長瀞)補遺

 水上を下った翌日の日曜日は、長瀞でフリースタイルの大会が開催されていました。私には縁のない大会ですが、よく一緒に漕ぐ花鳥やG君、モリ君は今年も参加したそうで、伝え聞くところによれば大盛況だったようです。

 「花鳥、週末大会やったんやろ? どうやった〜?」

 「大会って何のことですか?」

 「(あっ、これは惨敗やな…)あれっ? 日曜日G君に長瀞で会わんかった?」

 「知らん」

 「(これはひょっとすると、G君にも負けたんとちゃうか…)てか、リアクションが一昨年のリバベンの時とまったく一緒のような…」

 「まーしばらく川えーわ…」

 リザルトアップされてたので拝見しましたが、順位はだいたい予想した通りでした(笑)。昨年タンの瀬のヴァーティカルで準優勝決めてんのに、振れ幅えらい大きいな〜。


ニックネーム ラナ父 at 05:19| Comment(4) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

18 ふしぎな増水☆3本勝負(利根川4)

水位:3.42m(湯原) 流量:74.33t(藤原ダム総放流量) 気温:31℃(みなかみ)
天気:晴れ 区間:水明荘〜銚子橋(約x.xkm)×3 メンバー:やまかわさん、G君

 四万温泉から水紀行館へ移動。到着後、少し寝ようと思いましたが、どうにも寝つけない。昔は、いつでもどこでも寝れるのが得意技だったのに、今は仕事中だけしかできなくなってしまいました。

 諦めて公園内をぶらついていると、二人を発見。川人らしき人は他には皆無でした。長瀞でJFKAの関東大会が開催されているからでしょう。
 大会…、あれっ? G君は明日の大会出るってゆうてたやん。

 「G君、そういや明日大会やろ? 誘っといてあれやけど、来ててええのん?」
 「いや〜、どうしても下りたかったんですよ!」
 「あーあ、『大会ナメんな』って花鳥に説教されんで〜」
 「うっ」
 「まあ、先週は博物館行ってたみたいやし、どっちもどっちかあ」

 集合時間は8時と早めに設定していましたが、7時40分には全員揃いました。水量的に紅葉峡は微妙。今回も諦めるか…。ただその分、水上峡&諏訪峡は心ゆくまで下りたい。ミニマムで2本、できれば3本!

 本日の水位は3.4mオーバー。雪解けが終わっているはずのこの時期にしては珍しい水量です。実際、6月後半は2.8m程度まで低下していたはずなんですが、月末から突如上昇を始め、3mオーバーの日が続きました。ただし、日によって数十cm単位で激しく変動しています

 関東は梅雨明けしたばかりですが、最近まとまって降った覚えもないので不可思議な現象です。

・実は雪がまだ残ってました
・実は谷川岳一帯のみピンポイントで降ってました
・不足電力を補うため水力発電フル稼働
・藤原ダムのメンテナンス(桂川みたいなパターン)

 原因についていろいろ考えてみましたが、結局のところよく分かりません。

 3.4mという水位は、今年初めならビビリまくりでしたけど、1ヶ月ほどブランクが空いたとはいえ、まとめて3本下っているので随分と適応が進みました。もはや余裕たっぷりです。いっぽう、他の二人は緊張気味でした。やまかわさんは、初めて下るセクションやし、そもそもこのクラスの川を下ったことがないらしいので当然でしょう。G君は、毎年下ってるとはいえ、去年水位3mのフリッパーズで心折れてます。

 ◆第1ラウンド

 やまかわさんとは、知り合って結構長く、先月も「にじますカップ」でお会いしたばかりなんですが、実は一緒に漕ぐのは今回が初めてだったりします。問題なさそうとは思いますが、実際一緒に1本下ってみないと何とも言えないため、私とG君とで挟み込むサンドイッチ体制で下ることにしました。

110709minakami02.jpg

 初回ということで、大きな瀬の手前ではいったんエディーを取って、慎重に進んでいきましたが、結論からいえば、まったく問題なかったです。御岳・長瀞を10年近く漕ぎ続けて蓄積したスキルは、この水上3.4mでも充分に通用しました。念のため、道の駅に到着した時点で「諏訪峡どうします…?」と聞いたところ「行きます!」という心強い答え。

 やまかわさんはこのまま行っても大丈夫でしょう。G君は、昨年とは別人のように安定感の高い漕ぎをしているので、これも大丈夫でしょう。昨年は、極端な話、瀬という瀬をひっくり返りながら下っていたイメージがありましたが…。今日のフネはEZG.昨年のStarとは違っています。適正体重のフネに乗り換えるだけで、こんなに変わるもんなんですね〜。
 このままさくっと終わるかと思いきや、実は私のほうにトラブルが起こってました。
 フネの空気がモレてます。((((;゚Д゚)))))))
 右サイドは少し凹んでいる程度ですが、左サイドは3割くらい抜けていて、もはや船体としての役割を果たしているとは言いがたい。これだけ抜けると水の抵抗がものすごく大きく、ノーコン状態になります。



 (ムービー:ストリッパーズ→竜ヶ瀬)

 下見は基本的にエディー上で行っていましたが、長い長い竜ヶ瀬は上陸して遊歩道から下見しました。

110709minakami05.jpg

 この間にもエアがどんどんモレていく…。おかげで諏訪峡後半部はヒヤヒヤでした。竜ヶ瀬の最後のウェーブではボート2艇分左にズレてしまいましたし。後続のやまかわさんも同じルートで航下して一瞬掴まってしまいましたが、無事乗り越えてきました。

 続くフリッパーズも突破。やまかわさん、今のところ全勝です。さてこうなるとうまくいきすぎて逆に面白くない。一回くらい「魅せて」ほしいなあと思っていたら、願いが届いたのか、最後のメガウォッシュでやってくれました!

110709minakami06.jpg

 1本目終了は9時50分。スタートが8時50分頃でしたから、所要時間は約1時間です。このペースなら、3本いけそうですね。
 ということで、2本目へ向けて休む間なく回送開始。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 07:15| Comment(6) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【下見編】四万川ふたたび

 なんか、ツイてない時期というのがあります。ここ数年はなかったんですが、最近、あ、巡ってきたかなという思うようになりました。
 今週だと、仕事の話ですが、絶対出席しなければならない会合に間に合いませんでした。1時間くらい余裕をもって家を出たんですが、小田急がほとんど止まってました。急遽、代理を立てて事なきをえたんですが、普段30分で着く都内に2時間かかるってありえなくね? ちなみに帰りのJR線では、乗った瞬間に緊急停車してしまいました。

 こういう時期ってどうしたらいいんでしょうね。ひたすら、流れが変わるのをじっと待つしかないんでしょうか。漕ぎに行っても、道中で事故ったり、沈して溺れたりしそうでなんか怖いんですが、かといって自粛するのもアホらしい。
 今週末は日曜日が出勤なので帰阪しません。ということで土曜日はふしぎと大量放水が続いている水上を再訪しようと計画してました。先月同様、レンタカーを手配。今回は、近場のあざみ野で借りることにしました。17時半ダッシュで帰宅して、自転車で現地へ向かったんですが、ここで起こりました。

 坂を登る途中で突然、チェーンが切れたんです。この一帯はやたら坂道が多く、アップダウンの繰り返しなので負荷が大きいところだったとはいえ、フツー切れるか? 立ち漕ぎでおもっきり踏み込んだ時に切れましたから、体がおもっきり沈みこんでおしりは強打するわ、足はすりむくわで泣きそうでした。いや、それより泣きそうだったのは、時間内に現地へ到着するのが絶望的になったことでしたが、電話で事情を説明したところ、閉店後も待ってもらえるとのこと。とりあえず自転車は放置し、最寄のバス停まで歩きました。
 結局30分遅刻しましたが、無事到着。いったん自宅へ戻り、荷物を積み込んで、もちろん自転車も回収した後で、出発。

 途中、仮眠を取ったり休憩して、目的地の四万温泉に到着したのは未明の3時半。少し寝ようと思いましたが、30分ほど過ぎたところで釣り人の声に起こされました。空は白んできて、だいぶ明るくなってます。

 現在の四万川ダム放流量は0.9トン。本日再訪した目的は、このコンディションで下れるかどうか検証することです。

 結論は、下れないことはないが、厳しい。先月(3.6t)より、30〜40cmくらいは水位が低下してますかね。

110709shima06.jpg

 日向見川出合より上流(小泉の滝より上流)は、確実にNGです。逆にいえば、日向見川の流量が思ったより多いということで、四万川ダムの放流がなくても、少し雨が降って日向見川の流量が増えれば、少なくとも出合から下流は下れそうです。

110709shima19.jpg

 四万川ダムまで遡りました。ちょろちょろと放流してます。0.9トンという数値より若干多そうにも見えるんですが、よく分かりません。

110709shima22.jpg

 ちなみにここ、ヒルいますね。噛まれる前に気付いたので出血は免れましたが、下るときは食塩持参必須です。
 あと、釣りしてる人は皆無でした。明け方着替えてた人たちは支流の沢に登っていきましたので、ひょっとしたら本流には魚がいないのかもしれません(温泉水だから?)。

ニックネーム ラナ父 at 05:11| Comment(0) | 下見編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

17 これまた4年ぶり(奈良吉野川1)

水位:0.93m(五條) 気温:29℃(五條) 天気:曇り
区間:水道橋〜天理教(交代)〜栄山寺 メンバー:後輩1号、川太郎&川次郎(回送)


 日曜日はナラヨシ。先週末は水位が1.2m台あったんですが、本日時点では0.9mという最低ラインまで下がっておりました。かといって、近場で他にコンディションよさげなとこなさそうやし、今日は嫁さんが下りたいってんで、下り慣れたここ五条の地に行くことにしました。三田からは約1.5hの行程です。

 スタート地点のボウリング場(梁瀬橋)は、工事中で立入禁止になっていました。どないしてんやろと鮎釣り中のtomoさんに電話で聞いてみたところ、やはりここは利用せず、上流の取水センター付近からプットインしているらしい。はたして行ってみると水道橋の下に入川道ありました。先客がいてはりまして、「チョイ”おやぢばんど」というグループの方々でした。ここの上流の堰堤上からもプットインできるそうですが、堰堤越えが面倒な人はここから入るらしい。駐車禁止なので、みなさんギア類を下ろした後、どこかに移動させてました。

 まずは嫁さんが下ることに。久々やし、ソロではまだ怖いということで、カヤックではなくダッキーで行かれました。もちろん、ラナも一緒です。
 川にざぶざぶ入ってみると、うーん、冷たい。これぞ川って感じで超気持ちいい。周辺は遠浅の瀞場なので、ここで川太郎たちとしばらく水遊びしました。その後、芝崎の公園へ回送。あっちでは気にならなかったんですが、こっちはえらい川臭いです。

110702narayoshi02.jpg

 出発から90分ほど過ぎて嫁さんがゴール。重すぎて動かへんし、ラナ動き回ってうっとうしいし、ダッキーはもう二度と漕がへんわ! とブーたれてました。なぜか裸足。スタックしたボートを戻そうとするときにサンダル流したらしい。
 次は私の順番でしたが、もう12時回ってます。これからもう一本漕ぐのは時間的にキツいんで諦めてたんですが、嫁さんはこれから緑水苑のモンベルにサンダル買いに行きたいということで、水道橋には戻らず、ここから栄山寺までのコースを(超特急で)下ることにしました。

 後半のコースはいつ以来でしょう。懐かしいなあ。0歳の頃のラナがここで泳ぐ練習をしてました。最初は怖がってましたが、ペットボトルを川に放り投げると、レトリーバーの習性か、反射的に取りに行くんですよね。

110702narayoshi06.jpg

 ↓ こんな小さい頃ですね。

030406narayoshi02.jpg

 いまや9歳も間近の老犬…のはずなんですが、よう泳ぎました。



 後半コース最大のアヒルの瀬。ここに棲んでたアヒルを見かけなくなったのはいつの頃からでしょうか。

110702narayoshi09.jpg

 ラナは嫁さんと一緒だった前半戦でもかなり泳がされてたらしく、終盤はえらいおとなしくなってました。ホント久々ですが、思う存分に泳ぎまくって満足気な顔になってました。よかったよかった。

110702narayoshi10.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:57| Comment(2) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

【番外編】フィードバック

 今週末もまた夜行バスで帰阪。

 午前中は涼を求めて再び「人と自然の博物館」へ。子供らも喜んでますが、私的にも惹かれるものが多く、なかなか気に入ってます。ラナがお留守番になってしまうのが、いささか残念ではあるんですが。

 「うしさーん」
 「うしさんちがうで! くーまーさん!」

 川太郎が弟に説明してくれています。ほほえましい光景です。

110701sanda01.jpg

 「うさぎさん、とりつかまえてるねー」

 うーん、それはちょっと違うで。主客転倒やん。

 丹波竜の展示コーナーにも足を運んでみました。もともとこれ見て懐かしくなって篠山川を漕いだんですが、実際に訪れた後だと、より好奇心が強くなっているので楽しく眺められます。

110701sanda05.jpg

110701sanda06.jpg

 しかし、子供たちは即飽きてしまったようで、1/3も眺めないうちに退出。結局、一番盛り上がったのはここでした。

 「パパ、なにがたべたいですかー?」
 「パパは、ビールが飲みたいな〜」
 「だーめー」

110701sanda10.jpg

 ひとしきり遊んだ後、午後は子供たちと爆睡しました。

ニックネーム ラナ父 at 06:19| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする