2011年06月26日

16 4年ぶりに丹波竜発見の地へ(篠山川1)

水位:0.05m(谷川) 水量:1.24t(川代ダム放流量)気温:29℃(三田) 天気:曇り時々晴れ
区間:川代公園〜上久下橋(x.xkm) メンバー:後輩1号&川太郎&川次郎(回送)


 先週「人と自然の博物館」にて丹波竜に触れるうちに懐かしい気分にさせられましたが、やっぱり来てしまいました。
 tomoさんと最初に下って以来4年(2007.5.12)。ちょうど関東転勤があったりして、その後訪れる機会はありませんでした。水質がヒドかったのも、足が遠くなっていた理由のひとつですが、これまた先週の武庫川のホタル群を目にして、ひょっとしたら篠山川も水質改善が進んでいるかもしれないという淡い期待もありまして。

 その期待は…、脆くも崩れ去りました。木津川クラスです。意外にも関東圏の川は水がキレイなところばかりなので、このクラスの川を下るのは久しぶりです。

110626sasayama02.jpg

 ラナ、お願いだから水飲まないで…。



 恐竜の霊が憑依してしまいました。

110626sasayama09.jpg

 水量は前回とほぼ同じ。川下りするには少し物足りないレベル。岩の間を避けながら下っていくと、見覚えのある場所に出ました。

110626sasayama10.jpg

 4年前に下っているはずですが、細かいところは忘れているのと、水量が少なくてもそれなりに迫力があるので結構ドキドキします。ここはラナに右岸に待機してもらってソロで下りました。
 昔は全然言うこと聞きませんでしたが、最近は歳を取ったせいか、岸で待ってろと言うとおとなしく待っててくれます。

110626sasayama11.jpg

 そして核心部「恐竜の瀬」。
 フネから下りて下見しました。発掘現場は、白いコンクリで覆われてフタがされています。確か、発掘作業は水量が安定して少ない冬季のみに限定していたような。

110626sasayama14.jpg

 発掘という名の下に核心部が壊されていないか実はちょっと心配していたんですが、右岸側は幅1〜2mくらいの岩盤が残されており、川の流れ自体は4年前と変わりありませんでした。
 いやーしかし、ドキドキする。篠山川は59本目の川でした。あれから4年が過ぎ、その間に50本近く新たな川を下っているので、少しは成長してるかな、さくさくって下れてしまうんかなって思っていたんですが、何のことはない、まったく成長していなかったようです。



 ここもラナには待っていてもらいました。

110626sasayama18.jpg

 核心部から下流は、しばらくデザート的な瀬が続いた後、ほとんど瀞場になります。ラナを泳がせつつザバザバ遊びたいところですが、こんな川なのでフルスピードでスキップ。途中現れる堰堤は左岸からポーテージ。

110626sasayama21.jpg

 前回は太田橋まで下りましたが、今日は太歳の手前、上久下橋で上陸しました。漕いだ時間はちょうど1時間。

110626sasayama25.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 06:05| Comment(6) | 近畿>篠山川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

【番外編】川以外の週末

 6/18(土)『兵庫県立 人と自然の博物館』(三田市)

 先週の「にじますカップ」で振り回したお詫びといいますか、今週末は子供中心にゆったり過ごすことにしました。

 金曜の晩に町田発の深夜バスに乗り、土曜朝に大阪に到着。しかしながら、あいにくの雨天。そこで三田市内の博物館へ行くことにしました。嫁さんの実家からクルマで5分以内というご近所なので先月にも行ったばかりのところですが、学芸員にもちょっとなりたかった私にとっても非常に興味深い場所です。こういうところで日々を過ごせたら素敵やなあ。

110619hakubutsu04.jpg

 ここでは、兵庫の自然について、さまざまな角度から学ぶことができます。興味を覚えたのは「氷上回廊」。標高95mという低さで分水嶺が存在するそうな。一度実際に足を運んでみたいものです。
 しかし、やはり「川コーナー」がいちばんですかね。源流域でアマゴが泳ぐ映像とか見てると心が落ち着きます。子供たちはあっという間に走り去ってしまいましたが。

110619hakubutsu08.jpg

 川太郎は、身近な生き物には反応するようになってきました。昆虫とか、エビとか魚とか。今までは食べ物オンリーだったのに(笑)。成長がみられますね。

110619hakubutsu09.jpg

 あと、ここの目玉はやっぱり「丹波竜」でしょう。篠山川で発掘調査中のあれです。ちょうど核心の瀬でやってましたね。また下ってみたいなあ。



続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 06:21| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

15-1 安曇野の定番コース(万水川1)

水位:1.30m(陸郷) 気温:21℃(松本) 天気:曇り
区間:県民豊科運動広場〜三川合流地点(押野)
メンバー:AZMAX夫妻、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)

110612yorozui20.jpg

110612yorozui21.jpg


タグ:未完
ニックネーム ラナ父 at 21:40| Comment(0) | 甲信越>万水川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15-2 大河犀川(犀川1)

水位:1.30m(陸郷) 気温:21℃(松本) 天気:曇り
区間:三川合流地点(押野)〜龍門淵公園
メンバー:AZMAX夫妻、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)

110612yorozui27.jpg

110612yorozui28.jpg

110612yorozui31.jpg


ニックネーム ラナ父 at 21:37| Comment(0) | 甲信越>犀川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

14 第17回にじますカップ(前川1)

水位:測定不可[参考:1.70m→1.41m(陸郷)] 気温:20℃(松本) 天気:小雨のち曇り
区間:龍門渕公園(スラローム区間) メンバー:AZmax夫妻、コニー、世界のモリ君,後輩1号、川太郎、川次郎

 感動、感激、感謝。
 今回のにじますカップ(第17回)では、主催者の大沢さんから特別にガラスのトロフィーを拝領しました。トロフィーといっても「にじますカップ」ではなく、完全オリジナル「わんことカヌー」仕様です。「安曇野アートヒルズミュージアム」の原田さんという方の手によるそうですが、この方、「にじますカップ」を制作された方でもあります。
 昨年の大会時に大沢さんから「ラナちゃんに何か贈りたい」と言っていただいていて、その気持ちだけで充分にありがたいお話だったんですが、まさかここまで立派な代物をいただけることになるとは露ほどにも思っておりませなんだ。

110611nijimasu02.jpg

 贈呈の理由は、「長年にじますカップを盛り上げていただいた功績に感謝の意を込め」ということらしいです。私なんぞより、他に候補はいくらでもいるのでは…、と思わないでもなかったんですが、対象は私ではなくラナだと考えると、代理という立場でありがたく頂戴しようかなと思い至りました。長く続けているといいことがありますね。
 件のトロフィーは開会式の場でいただく予定だったんですが、なんとまあ、到着が間に合いませんでした…。せっかく場を設けていただいたのに、申し訳ありませんでした。代理の代理でアズマックス夫婦に受け取っていただきました。

 トロフィーはダッキーと、それに乗っかるラナという構成になっています。ダッキーはリンクスIIをモチーフにしているようで、高瀬川の青を溶かし込んだような色。手に取ると、ずっしりと、重い。
 ラナは透明色。前足を突き出し、アタマを持ち上げたポーズを取っています。フネから落ちそうになって必死に耐えているようにも、リーンをかけてバランスを取っているようにも見えます。
 制作にあたっては、何度か挑戦して昨冬にやっと完成したそうです。川を下るシーンを実際に見たわけでもなかろうに、どうやって…? という疑問が湧きましたが、ホームページの写真を資料にされていたようです。それにしても、よくここまで立体化できるなあと感心しきりでした。

 ↓オリジナル
110611nijimasu25.jpg

 思い出を形に残す方法には、文章、写真、ムービーぐらいしか考えてませんでしたが、こういうのもあるんですね。ラナとの思い出だけでなく、大沢さんの温かい気持ちが籠められた一品でもあります。我が家の宝物として、大事に大事に末永く残していきたいと思います。

 ガラス製品なので、持ち運びにはかなり気を遣いました。安曇野から兵庫県の嫁の実家に運んだ後、どうするか悩みましたが、やはり手許に置いておきたいんで関東に持って帰ることにしました。月曜日は兵庫から直接銀座に出社したので満員電車で押しつぶされないか甚だ不安でしたが、足を折ったりすることなく無事帰宅。

 とりあえず、玄関に飾ることにしました。

110612yorozui36.jpg

 地震が来たら一撃で粉砕されそうと思うと無性に不安になってきたので耐震マットも買っておこうっと。

続きを読む
タグ:未完
ニックネーム ラナ父 at 21:35| Comment(4) | 甲信越>前川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

【番外編】おのぼりさん

 名古屋から世界のモリ君がやってきました。研修らしいです。

 「東京来たんって大学のとき以来やろ〜? どっか思い出の場所とか行ったん?」
 「そんなところないですよ」
 「メシはどうしたん? どっか美味いとこ知ってたら教えてや」
 「朝はマクドで200円のコンビ、昼は吉野家でした!」
 「…ご当地感がまるでないなあ」


 原宿で食べるところを探しましたが、結局入ったのは「和民」でした。

IMG_757.jpg

 在京っても、都心で遊んだことないからな〜。全然分かりませんわ。案内できんですいません。


ニックネーム ラナ父 at 05:49| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

13 堰堤越え付ロングコース(利根川3)

水位:3.47m→3.51m(湯原) 流量:63.64t→63.76t(藤原ダム) 気温:24℃(みなかみ)
天気:曇り 区間:水明荘〜月夜野矢瀬親水公園(約x.xkm) メンバー:花鳥


 四万川の下見を終えた後、9時に道の駅「月夜野矢瀬公園」にて花鳥と落ち合う。水位は昨日より微増で、やっぱり紅葉峡は止めときましょう! という結論に至り、その代わりゴールを下流に(かなり)伸ばして矢瀬公園まで下ってみることにしました。過去、上牧駅までは下ったことがあるのですが、そこから下流は未知の領域です。しかし確か、でかい堰堤が1基あったような…。下れるかどうか確かめるため、花鳥のiPad2を駆使して堰堤の位置確認後、下見に行きました。

110605minakami01.jpg

 いやー、でかい。さすが利根川。しかし、堰堤も大きいけど、花鳥さんの横幅もなかなか大きいですね!

110605minakami03.jpg

 落差は4mくらい。人工物には規模を問わず近付かないのがセオリーですが、こういうスロープ型の堰堤は、落ち口の巻き方次第では例外的に下ってもいいかなと思ってます。何度か自分が落ちる姿をイメージしてみて、まず掴まることはないやろと判断しました。よし、予定どおり行ってみよう!

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:18| Comment(2) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【下見編】四万温泉

 4時に起床。平日なら布団の中でウダウダしてなかなか出られずに終わってしまうんですが、なぜか休日はやたら目覚めがいい。セブンイレブンでサンドイッチとコーヒーを買った後、1時間弱マーチを走らせ、目的の四万川に到着。5時半〜8時までの2時間半、みっちりと下見してきました。

110605shimagawa066.jpg

 四万川(しまがわ)は、群馬・新潟県境にある稲包山(いなつつみやま;標高1,597m)を水源として南流し、四万川ダム(奥四万湖)、中之条ダム(四万湖)を経て、東南へ流路を変え、吾妻川左岸に注ぐ利根川水系の一級河川です。

 初めてその名前を目にしたとき、「四万十川」と読み間違えそうになりました。今回の下見を最も印象的だったのは「上流にいくほど流量が多くなる」ということ。基本的にずっと深い渓をなしていて、絶景区間が続いているんですが、ところどころダムで寸断されており、水量が激減します。ダム(水量)を基軸に考えるとコースは大きく三つに分けることができそうです。

 1.温泉街コース(四万ダム〜四万取水ダム)…水量○
 2.甌穴コース(四万取水ダム〜中之条ダム)…水量△
 3.蝦蟆渓谷コース(中之条ダム〜??)  …水量×

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:00| Comment(0) | 下見編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

【番外編】リンクスIの修理

 GW最後の引原川で無念の討死を遂げたリンクスIですが、アワーズさんの手術を経て、見事復活を果たしました。

110605minakami06.jpg

 ビフォアはこんな感じ。

110506hikihara75.jpg

 修理といえば、従来は独力でやってました。カヌーショップで端切れを購入して、ビニル用接着剤で「接着」するというやり方です。しかしこの方法では、数ヶ月程度しかもちませんでした。衝撃、摩擦を繰り返すうちに、接着部が徐々に剥がれてきてしまうのです。
 メーカーに依頼すると、やはりそれなりにコストはかかりますが、「溶着」で補修してくれるので、新品時同様の強度に戻る上、接着剤のように剥がれたりしないので、安心して使用できます。リンクスの製造はAIREという海外メーカーなので、日本では代理店に依頼することになるのですが、以前依頼したときに対応が極めて杜撰で挙句の果てに修理できませんと言ってきたので非常に困ってしまいました。

 そのとき知ったのが、アワーズさんです。AIREの正規代理店ではないため、補修の規模によっては純正の補修部材を使わないケースもあります(今回も色違い)。しかし、腕は確かで、何よりレスポンスが早い! この会社がなかったら、リンクスIもIIも、とっくにあの世行きだったでしょう。本当に助かってます。ラフトの修理もやってはるようで、空気モノに乗ってる者からすると、ネ申のような存在です。

 今回の破損内容ですが、切り傷だけでなく、周辺の生地一帯が擦り切れて薄くなっていました。したがって、切り傷だけ溶着処理をしても、近いうちにまた別の場所が破れてしまう可能性があります。
 どうやら、生地の外側をコーティングしているビニールが擦れると非常に脆くなるようで、薄くなった生地全体を覆うように当て生地を貼り付けてやる必要があるようです。当て生地の大きさは30cm*30cmくらいかなと見積もっていましたが、実際に貼ってもらったのは35cm*60cmと結構広範囲に及ぶものでした。また、これと本体の間に、溶着のきっかけにするために柔らかいビニールを挟んでもらってます。

 結構金額張るかな…と心配でしたが、前回修理を依頼したばかりということもありまして、特別価格にてやっていただけました。ありがとうございました〜。これでまた、ガンガン漕げそうです。


ニックネーム ラナ父 at 04:56| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12 来客(利根川2)

水位:3.41m→3.45m(湯原) 流量:69.08t→69.44t(藤原ダム) 気温:25℃(みなかみ)
天気:晴れのち曇り 区間:水明荘〜銚子橋(約x.xkm)×2 メンバー:M代君、Mうら君

 愛媛のM代君(『流の会』)のリクエストに応える形で今週末はみなかみに行ってきました。同じ探検部出身、稀少なダッキー乗り、嫁さんも探検部出身などなど、もともと共通項が多い友人なんですが、みなかみに行きたい動機もだいたい同じでした。キーとなる言葉は「リバベン」。学生時代にリバベンを経験した人間は、この川に特別な思い入れを抱いていることが多いようです。

 それにしても、約一ヶ月ぶりのカヌーになります。帰阪していた二週末は、公園とか水族館で遊ぶというフツーのお父さんみたいなことをしてました。子供たちはどうも川がつまらんらしく、あまり行きたがらないのです。残る一週末はこっちでフリーだったんですが、昼間っから酒飲んだりして無為に過ごしてしまいました。普段使っているフネもギアも大阪に置きっぱなしやし、クルマがないから出かけること自体が面倒くさい。そして、嫁さんが向こうで育児にかかりきりになってるのに、一人だけ自由気ままに遊びまわるのもどうかという気持ちもありまして。

 それだけに、今回のお誘いはいいきっかけになりました。フネとギアをこっちに運び、パドルも可搬性の高い2ピースタイプをこっそり購入。クルマはレンタカーを手配しました。相変わらず育児にかかりきりの嫁さんと、腐っているラナに申し訳なく思いつつ、上毛の地へ。

 レンタカーは格安のところを探して、最寄り駅から電車で20分ほど揺られた先にあるガススタから借り受けました。いったん自宅に戻って荷物積み込んだりしてたら出発は9時。やはり、渋滞にハマってしまいました。調布ICから中央道に乗った瞬間「相模湖から35km、通過に120分」ってなんやねん。2kmくらい走って稲城ICで下りました。ダマされた気分です。
 下道もたいがい混んでました。格安レンタカーなので、カーナビはオプション扱いです。Mapple持っているから要らんやろと思ってたんですが、渋滞表示のVICSがないのは非常に不便ですね。さらに1時間ほどかかって圏央道日の出ICまで辿り着きました。ここから先は順調でしたが、到着時刻は12時40分と大遅刻です。申し訳ありませんでした。

 ささっと回送を済ませて14時過ぎに1本目出発。
湯原の水位は3.41m。ちょっと多いなあ。8時まで3.2mだったのに、急に増えてました。M代君が約10年ぶりというので、紅葉峡というオプション付で案内しようと思っていたんですが、水量多すぎと判断して外しました。だって、確か2年前初めて下ったとき、水位3.2mでヒイヒイ言ってましたから。

110604minakami03.jpg

 今日は、M代君の先輩で埼玉からやって来たMうら君も一緒でした。私と同い年です。愛媛在住時代に「歩危もん」の一員として大歩危小歩危を漕ぎまくり(「流されまくった」と言ってましたが)、転勤後いわきカヌークラブで漕いでいたそうです。一応初顔合わせですが、桂川放水時も漕いだことあるって言ってましたから、実はもうすでに会ったことあるのではないのでしょうか。

110604minakami05.jpg

 一ヶ月前に漕いだときの谷川岳は真っ白で、桜満開、周辺の木々は芽吹いたばかりというレベルだったんですが、今日のみなかみは新緑に覆われていて、季節の移ろいを思わずにはいられませんでした。

110604minakami06.jpg

 私の遅刻のせいでスタートタイムが遅れたというのもありまして、ちょいと巻き気味で下りました。ガンガン進んで約30分で水上峡終了。この先は、私も今年初めてになるのでドキドキしながら進んでいきました。核心の竜ヶ瀬ではエディーを取りながら慎重に漕いでいったんですが、エディーを取り損ねたMうら君が先行してしまい、その後沈脱。現場が瀬の終わりのエディーラインだったのでダメージがほとんどなかったのが不幸中の幸いでしたが、足が攣ってしまったようです。

 次のフリッパーズでもひっくり返ってましたが、気合で乗り切ってました。ちなみに去年ふと閃いて、今回確信を持つに至ったのですが、ここの瀬、回避できますね。左岸ベタがつぶれているので、中央から進入して鬼漕ぎで左岸側に寄せられれば、あのトラウマのストッパーウェーブに掴まらずに済みます。おかげですごく気が楽になりました。

110604minakami12.jpg

 1本目終了は15時半ごろ。ここでQさん、トロ5さん、つ・あさん、スモもさんらに久々にお会いしました。紅葉峡下ったらしいです。スッゲー。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 04:51| Comment(0) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする